ED(勃起不全)にはどのようなタイプがあるの?

ED(勃起不全)のタイプを原因別に解説

1. ED(勃起不全)にはどのようなタイプがあるの?

セックスする時に、勃起力が弱まってしまっている、勃起を得ることができなくなってきた、中折れをしてしまうなどの症状でお悩みでしょうか?

大丈夫です。このようなお悩みを抱える男性は世界中でたくさんいます。

EDになってしまったら、慌てる前に、まずは原因を突き止めて、できる限りの治療手段をつくしてEDを克服することができるよう、前向きに行動しましょう

EDはそれぞれの原因により、いくつかのタイプに分けることができます。

大きく分けて器質性EDと心因性ED2つのタイプに分類されます

2.器質性EDとは?

ED(勃起不全)は、ストレスを感じていたり、疲れていたり、気分が落ち込んでいる時など、時折しか起こらない場合はそれほど深刻に考える必要はありません。ほとんど全ての男性は、自分の人生のある時点で勃起に問題が生じることがあるとされています。

しかし、なんらかの身体的な異常が原因で生じるEDの場合は、より深刻な身体の疾患の兆候としてEDがあらわれているケースがあります。

このタイプのEDを器質性EDと呼び、次のような症状が原因となることがあります。

・心血管の疾患

血流の流れが悪くなると、EDになりやすくなります。そのため、冠状動脈疾患、閉塞動脈、静脈疾患、高血圧、高コレステロールなどの心血管の疾患はEDの原因となります。

・糖尿病

糖尿病になっていて、十分に治療されていないと、EDになる可能性が倍増します。

・腎臓疾患

腎臓疾患を患っていると、勃起を得るために重要なホルモン、ペニスへの血流、神経系が影響を受けます。

・神経と脳の疾患

勃起を得るためには神経系が正しく機能している必要があります。脳卒中、多発性硬化症、アルツハイマー病、パーキンソン病のような疾患にかかっていると、勃起を得るために必要な信号が正常に伝達されない可能性があります。

・ホルモンの症状

ホルモンのバランスがとれていない状態は、勃起不全に繋がることがあります。男性更年期は男性ホルモンが低下している時期ですので、この時期にEDを初めて経験する男性も多いでしょう。

下垂体腫瘍、腎臓病、肝臓病、うつ病、前立腺癌の治療のためにホルモン治療を受けている場合は、EDになることがありますので医師に相談してください。

・たばこ、お酒

喫煙と飲酒は血管に損傷を与える原因となり、EDに繋がる可能性があります。

・医薬品

ED(勃起不全)の原因となる処方薬は200種類以上あります。

服用しているお薬がEDを引き起こしているかもと思われる場合は、医師に相談してください。

・前立腺肥大症

前立腺肥大症は多くの男性が年齢を重ねるにつれて患うことがある疾患ではありますが、EDの原因になることがあります。

・手術

外科手術は、正常な勃起を得るために必要な神経および組織を一時的に損傷してしまうことがあります。

術後の回復に従い、この問題は一般的に解消されますが、回復までに数ヶ月かかることもあり、場合によっては、永久的に性機能にダメージを与えることがあります。

・ケガ

骨盤、膀胱、脊髄、ペニスにケガを負ってしまった場合には、EDになってしまうことがあります。

. 心因性ED

EDがある日突然生じたり、朝勃ちや自慰行為の間には正常な勃起を得ることができるとすれば、心理的な要因が原因でEDになっている可能性があります。

ストレス、うつ病、心配、恐れ、罪悪感などは全て心因性のEDの原因になる可能性があります。仕事、お金、夫婦の関係性、家族の関係性、友人との関係性など、様々な心理的な問題がEDとしてあらわれることがあります。

また、特定のパートナーとだけEDになってしまうとしたら、心因性のEDということができます。慣れないパートナーで緊張してしまったり、長年付き合っているために性的関心を失ってしまったり、パートナーとの関係性が悪化しているなどの場合にもEDになることがあります。